ほうれい線を美容整形で治したいけど、どこかいい病院ないかしら?

 

新潟でそんなほうれい線の手軽な治療ができる病院・・・探すと結構手間ですよね。

 

そこで、料金面でも技術面でもおすすめの新潟の美容クリニックを5院紹介しています。

 

  • ほうれい線治療がおすすめの新潟の美容クリニック5選
  • ヒアルロン酸注入のメリット
  • ヒアルロン酸注入で注意すること
  • ヒアルロン酸注入以外のほうれい線整形

 

他にもほうれい線に関してこれらの内容も紹介しています。

 

ほうれい線治療がおすすめの新潟の美容クリニック5選

品川スキンクリニック

新潟でほうれい線治療がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

品川スキンクリニックではほうれい線治療に適したヒアルロン酸の種類が多く、予算や持続効果との兼ね合いで選べるのが嬉しいですね。

 

初回に限り片側 1,470円(両側 2,940円)でヒアルロン酸をお試しできるので、初めての方でも気軽に受けられますね。

 

2回目以降は会員になれば表示料金から20%OFFになるので、とってもお得です。

 

ほうれい線治療の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 両側 15,970円

 

品川スキンクリニック 新潟院の詳細

 

新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
【電話番号】 0120-293-740
【アクセス】 JR新潟駅 「万代口」徒歩約2分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

湘南美容クリニック

新潟でほうれい線治療がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

湘南美容クリニックも取り扱っているヒアルロン酸の種類が多く、最大4種類の中から選ぶことができます。

 

中でもCRMジェルは安価なのに特殊な技術で6ヶ月の持続期間が見込めるコスパのいいヒアルロン酸です。

 

痛みや内出血が心配なら、別料金でマイクロカニューレという特殊な針に替えることもできますよ。

 

ほうれい線治療の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 1cc 20,160円〜

 

湘南美容クリニック 新潟院の詳細

 

新潟市中央区万代1-3-10 新潟万代ビル 8階
【電話番号】0120-966-617
【アクセス】新潟駅より徒歩8分
【診療時間】10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

Nクリニック

新潟でほうれい線治療がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

Nクリニックではほうれい線治療に使うヒアルロン酸は3種類あり、安い方から順に29,800円、39,800円、90,000円となっています。

 

一番高いのは世界中で信頼されているアラガン社製の高品質なヒアルロン酸ですが、安いものでも十分に安全ですし効果もありますよ。

 

ほうれい線治療の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 両側 29,800円〜

 

Nクリニックの詳細

 

新潟市中央区花園1-2-1  フォーサイト花園6F
【電話番号】0120-940-972
【アクセス】新潟駅万代口を出てすぐ
【診療時間】10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

植村美容外科

新潟でほうれい線治療がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

40,000円のヒアルロン酸の薬剤は分かりませんが、別途アラガン社製のヒアルロン酸も選べるようです。

 

ほうれい線治療に使う場合は、先端が丸くて痛みの少ない針(マイクロカニューレ)が使われます。

 

(料金+5,000円)

 

ほうれい線治療の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 40,000円

 

植村美容外科の詳細

 

新潟市中央区東大通1-1-1 第5マルカビル4F
【電話番号】0120-665-546
【アクセス】新潟駅万代口より徒歩1分
【診療時間】10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

東京青山クリニック

新潟でほうれい線治療がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

東京青山クリニックではクボミやシワの治療にヒアルロン酸の代わりにジェルを推奨しています。

 

料金は高くなりますが、持続期間がヒアルロン酸より長いということです。

 

費用を抑えて様子を見たい場合はヒアルロン酸を選ぶ方が安心ですよ。

 

ほうれい線治療の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 50,000円〜

 

東京青山クリニック 新潟院の詳細

 

新潟市中央区弁天1-4-22 グリンビル6階
【電話番号】 0120-977-057
【アクセス】 JR新潟駅万代口より徒歩2分
【診療時間】10:00〜19:00

 

 

ヒアルロン酸注入のメリット

プチ整形の代表格「ヒアルロン酸注入」は、メリットが多く手軽にできるメイク感覚の整形です。

 

ヒアルロン酸をほうれい線に注入するだけで、凹みを押し上げてほうれい線を目立たなくしてくれますよ。

 


出典:大西皮フ科形成外科医院

 

ヒアルロン酸は1gで5〜6Lもの水分を保つ力を持っています。

 

ほうれい線を解消しながら、ヒアルロン酸の保水力で肌に潤いや弾力が生まれ、美肌効果も期待できますね。

 

ヒアルロン酸注入のメリット

時間がかからない

5〜10分くらいで施術は終了します。

 

即効性がある

ヒアルロン酸注入直後からほうれい線の改善が実感できます。

 

傷跡が残らない

極細の注射針を使用し、針の跡は数日で消えます。

 

ダウンタイムがいらず、通院の必要もないので、整形したことは周囲の人に気づかれにくいでしょう。

 

アレルギーや副作用の心配が少ない

ヒアルロン酸は人間の体にもある成分なので、基本アレルギーを起こすことがありません。

 

アレルギーテストもしなくて大丈夫です。

 

修正ができる

ヒアルロン酸は時間が経つと分解されて体に吸収されます。

 

他にもヒアルロン酸溶解注射を使用することで、自然になくなるのを待つより早く吸収させることも可能です。

 

そのため、凸凹ができたり入れすぎたと思ってもやり直しができます。

 

ヒアルロン酸注入の効果を持続させるためには数か月に一度再注入が必要です。

一度の施術で長く持続させたい方は他の施術方法が向いているでしょう。

 

その他のほうれい線整形はこちら

 

 

ヒアルロン酸注入で注意すること


ダウンタイムの少ないプチ整形と言えども、施術後のケアはとても大事です。

 

ヒアルロン酸注入のダウンタイム

注射を打つだけなので、本来はダウンタイムの心配はありません。

 

しかし、注入の際に毛細血管を傷つけて内出血が起こることがあります。

 

その場合はなるべく触らず、メイクやマスクで隠して過ごすようにしましょう。

 

長くても1〜2週間程度で内出血は消えますよ。

 

 

また、マイクロカニューレという先が丸くなっている針を使うことで内出血のリスクを最小限にすることもできます。

 

マイクロカニューレの扱いがあるクリニックでも、別料金(5,000円〜10,000円程度)になることが多いです。

 

 

 

その他の術後のケア

特に面倒なお手入れ等は不要ですが、血行を良くし過ぎると内出血が広がる可能性がありますので以下の行動は控えましょう。

 

  • 熱いお湯に浸かる・長風呂
  • 飲酒
  • 激しい運動
  •  

    赤みが消えない、または腫れが引かないときは感染症の疑いもあるので、すぐ医師に相談してください。

    ヒアルロン酸注入以外のほうれい線整形

    脂肪注入

    自分の体から採取した脂肪から機械で必要な細胞だけを取り出し、ほうれい線の窪みをなくすように注入します。

     

    ヒアルロン酸のように無くなってしまうことはありません。

     

    しかし脂肪の定着率に個人差があり、最終的な仕上がりが予想しづらいというデメリットがあります。

     

    そして脂肪を採取する費用も上乗せされる分、施術費用は高額とならざるを得ません。

     

     

    フェイスリフト

    皮膚の下にある筋膜と呼ばれる部分を引き上げることでほうれい線を解消します。

     

    耳の近くを切るので小さいとはいえ傷跡が残りますが、時間が経つと目立たなくなりますし、髪で隠れるので普段は人目につくことはほとんどありません。

     

    ダウンタイムや通院が苦にならず、長期的な効果を得たい方にはおススメです。

     

     

    高周波治療

    特殊な機械で肌に高周波を当て、皮膚の奥にあるコラーゲンを生成する細胞を刺激します。

     

    ほうれい線解消だけでなく、肌のハリやキメを整えるため根本的な肌の若返り効果が期待できる治療法です。

     

    ニキビ跡を治したり毛穴の引き締めなどにも利用されています。

     

  • 効果が高い
  • ダウンタイムがいらない
  • 痛みが少ない
  • などメリットは多いのですが、

  • 効果が表れるまでに1ヵ月以上かかる
  • 定期的な施術が必要
  • 高額
  • といったデメリットもあります。